前へ
次へ

流行病であるインフルエンザ

インフルエンザは毎年寒い季節になると流行する病です。症状は高熱が出てせき、たんや鼻水など風邪のような症状ですが全身の倦怠感や吐き気などを伴い場合もあり感染すると他者へうつしてしまう可能性が極めて高いので自宅で休養をしなければなりません。最近では季節を問わず夏であっても学校や幼稚園などで流行していますので注意が必要です。予防をするためには、駅や電車など人が多く集まる場所をなるべく避けたりマスクを着用し、うがいや手洗いをすることが効果的とされています。そのほか予防接種を受けることも良いでしょう。インフルエンザは毎年冬になると流行し、感染率がとても高いので注意をしなければならない病です。大切なのは体調管理ですが、それと同じ位に重要なのがもしインフルエンザに感染した場合はできるだけ早く医療機関を受診し的確な治療を受けて必ず自宅で決められた日数を休養することです。もし症状が軽いと感じたとしても、感染していることには変わりはなく他者へ感染する可能性がとても高いので他者への配慮を忘れずに治療をすることが大事です。

Page Top