前へ
次へ

インフルエンザを防ぐためにすること

秋から冬にかけて毎年インフルエンザが流行ります。高熱が出たり関節が痛むことが特徴的で、個人差はありますが重症となる場合もあるので注意が必要です。流行の病であるインフルエンザを予防するためには、ウイルスを体内に入れないように気を付けなければなりません。そのほかもし感染してしまった場合でも、咳エチケットを守り他者にうつさないように配慮をすることも重要です。インフルエンザは感染をするとすぐに症状が出ることが特徴として挙げられます。予防をするためには正しい手洗いを行うことが大切です。ウイルスは手に付着しやすいので、外から帰ってきた場合は必ず手をハンドソープで洗うようにし、できるだけ念入りに手洗いをするようにしましょう。爪にも菌は付着しやすいとされているので、日頃から短く切っておいて清潔にしておくことも大切です。そのほかのどが乾燥しないように家には加湿器などを稼働させたり、外ではマスクの着用を心がけたりすると良いでしょう。

Page Top